インナーマッスルを鍛えて尿もれ防止に効果アップ やり方を紹介します。

筋トレ
1期生

尿もれがあって・・・

なんとかなります?

 

✔︎こう言った悩みを解決します。

 

✔︎本記事では、

インナーマッスルを鍛えて尿もれ防止に効果アップ やり方を紹介します。

スポンサーリンク

 

ヒップリフトは、ヒップアップと共に骨盤周りの筋トレにも効果的です。

 

私のクライアント様で、尿もれにお悩みの方がいらっしゃいました。

その方は、腹圧性尿失禁と診断され、運動や手術で尿もれが改善するとお医者様から診断された様です。

私がお勧めしたエクササイズがこのヒップリフトで、見事、症状が緩和されたと喜んでいただけました。

 

 

 

尿漏れの原因としては力を入れた瞬間に起こることが多くあります。

例えば・・・

・重いものを持ったり

・階段を上り下りしたり

・くしゃみをしたり

などなど。

 

ふとした瞬間にお腹に力が入って尿が漏れてしまうことがありますが、こう言った場合は腹圧性尿失禁が疑われます。

 

女性の場合は出産などの産後の回復がうまくいかずに、骨盤底筋が緩んでしまうことがあります。

その影響から尿道をしめる筋力が衰えることに繋がってるんですね。

スポンサーリンク

 

まずは、病院へ診断をされ、運動で改善できるのであれば、このヒップリフトは効果があります。

お尻に意識する際に、肛門から尿道にかけてキュッと力を込めましょう。

上げ下げ両方に5秒キープを意識しつつ繰り返していきましょう。

 

ヒップリフトのやり方はこちらの記事が参考になりますよ。

インナーマッスルを鍛えるエクササイズ

他にもいろいろありますので、試してみてください。

・プランク

・サイドブリッジ

・ヒップリフト

・シングルヒップリフト

・ラッコのポーズ

・フライングドック

 

全身を満遍なく鍛えることでバランスの取れたからだを作ることが可能です。

 

たのしみながらやっていきましょう!

尿もれ防止のまとめ

インナーマッスルを強化することで、尿もれの原因である筋肉の強化をすることが可能となり、結果的にこう言った症状も改善することができます。

インナーマッスルは、体の深層部にある筋肉なので、見えないですが、鍛えていくことで、筋肉のコルセットを纏うことが可能になります。

 

そうすることで、内臓を正しい位置にもどし、腰痛などの軽減にも期待ができます。

結果的にいいことしかありません。

楽しみならがエクササイズ、継続していきましょうね。

スポンサーリンク
SNSフォロー
kumiko

ボディメイクで14キロのダイエットに成功し、健康増進パーソナルトレーナーの資格を取得。多くの方に身体づくりの素晴らしさを届けたいと「ダイブビューティー 」の代表としてパーソナルトレーニングジムを開業。わずか6ヶ月で50名以上のダイエット成功者を排出する健康増進パーソナルトレーナーとして、現在活動中!

すべて、オンラインで完結するオンラインパーソナルトレーニングにも対応しています。

2018ミセスジャパン大阪ファイナリスト
マイストーリーコレクションin奈良グランプリ
表情筋エクササイズ講師

大阪市中央区東心斎橋1−7−30
21心斎橋ビル3F D→START内
06−4708−6588

kumikoをフォローする
お問い合わせ
トレーニングのお申し込みはこちらよりお願いいたします。

お問い合わせ
トレーニングのお申し込みはこちらよりお願いいたします。

筋トレ
kumikoをフォローする
身体が変われば心が変わる

コメント

タイトルとURLをコピーしました